難易度の高い司法書士試験を突破するために

難易度の高い司法書士試験を突破するために

毎年一回行われる司法書士の試験は、難易度が高い事で有名です。

独学での試験対策は大変難しく、大学や専門学校で学んでから受験する方が大半です。

試験に合格するためには、2年ほど勉強期間が必要とされており、そこからも難易度の高さがうかがえます。

仕事をしながら目指す方は、一旦辞めて専門学校に・・・というのは、現実的には厳しい話です。

そこで積極的に利用していきたいのがインターネットを使ったオンライン講義です。

動画として講義を配信しているサイトで、塾や学校よりも圧倒的に低価格であり、また通学時間もいらない為時間を有効活用できます。

独学での突破は厳しい、だけど習いに行くのも難しい、という方にぴったりです。

とはいえ、自宅で一人で講義を受けるわけですから、集中的な勉強環境だけれど自分のやる気次第でどうとでも転ぶ事となります。

司法書士は試験後も法律改正の度に勉強の必要になる職種。

自分を律し、しっかりと勉強に励んで司法書士になれますように。

司法書士になる難易度はいつの時代も高いです

国家試験は数あれど、司法書士試験は比較的高い難易度を維持したまま今日まで続いています。

合格率は3%台と非常に低く、狭き門となっています。

しかし合格者数が少ないという事は、合格後の就職や収入は競争相手が少ないということ。

難しい試験に挑むだけのメリットはしっかりある、と言えるでしょう。

合格者の皆さんは全員が大学で法律を専門的に勉強してきた、というわけではなく、就職後に独学や別の勉強法で勉強し、司法書士試験を受験したという方も多く居られます。

通信教育で勉強・添削を繰り返しながら学んでいく方や、ネット上での講義を受けて理解を深めていく方、様々だと思います。

特にネット講義はどの時間でも受講可能で、自分に合ったスタイルで講師から口頭で分かり易い説明を受けられます。

司法書士への難易度

耳からの情報なら移動中でも聞け、時間を詰めたい忙しい方たちにはその現代的な講義スタイルが好評なようです。

高い難易度をどう攻略するかはあなた次第です。

Comments are closed.